何歳からインプラント可能か

インプラントは大人になってから

骨の成長に合わせたインプラント

インプラントは、歯を歯根から失ってしまった場合に人工歯根を作ることから始める画期的な治療方法として近年人気がありますが、子供の中には遊んでいて永久歯を歯根から失ってしまい、インプラントに挑戦させたいという親御さんもいるのではないでしょうか。しかし、何歳からでも受けることができる治療ではありません。クリニックによって何歳から治療が可能というのは違いもあるのですが、一般的には骨の成長が止まった大人になってからということになります。あごの骨に人工歯根を埋め込むことになるため、まだ成長期の子供であればせっかく入れたインプラントが合わなくなってしまったり、健康である他の骨に悪い影響を与えてしまう可能性があります。子供はもちろん大人であっても治療が不可能なケースもあり、大体の目安として何歳から治療が可能なのかというと、骨の成長が止まるのは女性であれば20歳ころ、男性であれば25歳ころになるので、一つの目安として理解をしておくといいでしょう。骨の成長が止まっていたとしても、顎の骨の状態によってはそもそも治療ができないケースもあります。クリニックで実際に検査を受け、医師と相談しながら決めることになります。

↑PAGE TOP