年齢不問のインプラント

子供のインプラント治療の考え

前歯に使いたいインプラント

元気な子供の中には、お友達と遊んでいるうちに転んだり壁などにぶつかってしまい、前歯を折ってしまったというトラブルもあるものです。そんな時に、子供の歯が乳歯であれば、年齢とともに永久歯が生えてくることになるのでまだ安心なのですが、永久歯の場合には焦ってしまう親御さんも多いものです。歯根が残っている状態であれば、差し歯という形で被せものをすることができますが、被せるための歯根がなければ困ってしまいます。インプラントでは、人工の歯根を作ってから人工歯を被せるという新しい治療法であり、根元から歯を失ってしまった場合でも安心です。しかし、インプラントは全ての人が治療可能というわけではなく、骨の状態によっても受けることができなかったり、子供であれば骨の成長途中でもあるので、永久歯が生えた頃ではまだインプラントの決断は早いことになります。あごの骨に人工歯根を埋め込んでしまうことになるので、骨の成長とともにインプラントに影響が出ることになってきます。骨の成長は女性であれば20歳頃、男性であれば25歳頃まで成長を続ける人もいるので、子供であればしばらくはインプラントを受けることができないことになります。

↑PAGE TOP