子供のインプラント

インプラントで歯並び矯正

インプラントは骨の成長も影響

歯並びが悪いという場合には、歯科矯正をして少しずつ歯を動かして適正な場所に戻すという治療方法もあります。しかし、何年も矯正器具を付けて生活をすることになり、不自由な食生活であるとともに美観的にも美しくありません。直接歯を削ったり抜いたりすることがないという面では歯科矯正はメリットがあるのですが、インプラントであれば短い期間で美しい歯を手に入れることができます。ただし、インプラントは誰にでも受けることができる治療ではありません。永久歯が生えたのに、友達と遊んでいて前歯を折ってしまったという子供さんの治療にインプラントを考える親御さんもいますが、あごの骨に人工歯根を埋め込むことになるので、骨の成長途中でもある子供であれば治療を受けることができません。20歳になればもう子供ではないので受けることができると思われがちですが、骨の成長は女性では20歳、男性であれば25歳ほどまで続くとされています。しかし、これ以上の年齢であっても骨が成長していれば受けることができず、またあごの骨の状態によっても受けることができないケースもあります。インプラントの治療は、あらゆる検査を受けて適していると医師に判断されてから受けることことができるのです。

↑PAGE TOP